引越しを安くする見積もりポイント教えます!

見積もりの注意点

男性作業員

基本的には見積書が契約書と同様に作業指示書の原本となります。そのため業者のスタッフはそれをもとに確認しながら当日の引越し作業を行います。なので見積書に書いていない内容の作業は全て別途料金や追加料金がかかることになります。もしも見積もりの時に業者との行き違いや食い違いがあった場合、当日の作業内容や段取りにずれや狂いが生じてしまいます。さらにその日に引越し作業が完了しなければ、旧住所からの撤退が完了したことにはならず、賃貸の場合だと日割り料金が発生することになってしまいます。これらのトラブルを防ぐためにも見積書の内容はしっかりと確認しておきましょう。引越しをする際の見積もりを依頼する時期やタイミングとしては、遅くても引越しの予定日から2週間前までには見積もり依頼をしておきましょう。余裕を持って約1ヶ月前に見積もりを依頼しておけば引越しまでに十分な準備時間が得られます。より正確な見積もりを依頼する際には業者からのヒアリングにできるだけ詳細に答えられることで見積もり内容も具体的になっていきます。逆に必要な情報がなければ引越し業者も正確な見積もりを出すことができません。なので見積もりを取るために必要な情報はしっかりと見積もり前に把握しておきましょう。言うまでもありませんが、例えば新居や引越し日時がまだ決まっていなかったり、荷物の量がどれくらいになるのかわからない場合などは見積もりを取ることはできないので気をつけましょう。

Copyright© 2018 引越しを安くする見積もりポイント教えます! All Rights Reserved.